インスタグラムの複数IDについての覚書

先ず、インスタグラムの複数IDについてですが、2つどころか いくらでも作れます。

ここ数年、Instagramに嵌っていたので、色々と調べたりしたまとめです。

複数の登録の際に気を付ける事と、管理しやすい手順を書きます。

ステップ1・・登録時、メールアドレスは違うものを用意!

LINEほどには厳しくないですが、1アカウントにつき1つのアドレスは必要。

その他、メール以外の個人認証の方法として、

facebookのアカウントを使ったりもできます。

instagram内では、@photooftheday(例) などのチームを作って、

#photooftheday(例) などど、タグを付けた写真を

「bestshot(例・仮名)」などと評してフィーチャーするということで、

個人IDとチームIDという、複数のアカウントに参加されている人が

前々から多数おられたのです。

タグをつけると、ミクシィでいうところのコミュニティみたいに

同じ趣味の人を 見つける事が出来ます。

(ちょっと違うっていう画像も多々ありますけど・・)

ステップ2・・アプリで切替て管理出来る!

Instagramのアプリ自体には「切替」機能はありませんが、

「いいね!」「コメント」だけなら複数のアカウントを切り替えて出来るアプリ、

「Fotogramme(IOSで現存する)」などがあります。

※ 注) 画像の投稿は、INSTAGRAMのオフィシャルアプリでないと、出来ません。

(現在のところ、PCからも、ポスト出来ないのです。)

他、android端末で、「onestagram」というアプリは、

複数の写真に、同時に一括で「良いね!」できます。すごい。

android端末を少しの間だけ使用中に、たまたま見付けたのですが、

一括で「like!」できますって、堂々と言えない私。

きっと、使っていても言いにくい・・。

ステップ3・・応用編

Tumblr のアカウントにも同時投稿して、タンブラーのアカウントも複数作っておく。
  ↓
インスタグラムのアカウントで、非公開にしているIDからtnmblrに同時ポスト
  ↓
タンブラーでは表示されているけど、その画像のリンク先の画像のみは見れるが

IGのユーザーのphotoは「非表示」に、なっているので他の画像は一切見えない。

なので、IGを下書き代わりにして、

IGでお気に入りのフィルターをかけたものがタンブラーに投稿出来る。


インスタグラムのポストした画像は、EXIF情報が消えていたので
安心して何年も使えている気がします。

flickrとか、よく分からないので、非公開で利用していますが
非公開だからと言って、何でもかんでもアップロード出来ないし悩み中です。
(万が一の流出事故があるとって、考えると・・。
時々手続きの書類とか個人情報満載のデータを
画像保存している私としては恐ろしい話です)
フリッカーは容量が大きいので、ゆくゆくは
スマホのバックアップ代わりにも使いたいと思っていて
まだまだ、研究・実験中ではあります。
もし、この辺に詳しい方がおられたら、アドバイスお願いします。