ネットショッピングの不安について

ネット通販を利用する際に不安で利用できない事があったので・・

その原因(心配になる要因)を覚書しながら

解決方法(気を付けることなど)を考えていきたいと思います。

今回、覚書メモが目的で、購入に関する細かい手順の説明は一切なく

特別な方法というのも特にありません。

手続き自体はモバイルで全て出来たりと、私も簡単だと思うくらいなので、

たいていの人なら直ぐ出来ると思います。





1: 購入の前に

利用する通販サイトのセキュリティに対する方針や

それらに関するヘルプページ、いざという時のために

お問い合わせ先の確認なども、出来ればしたほうが良いです。

(大手のショッピングサイトでは粗完備されていますが、念の為)

先ず、ネットショッピング時は自宅へ発送のため

自分(本人)名義の住所・連絡先を登録しなくては届きません。

コンビニ受け取り・宅配ボックス(はこぽすなどのロッカー形式)

などのサービスもあり、利用料金のかからないものもありますが

会員登録で住所の登録なしというのが難しいかもしれません。

なぜなら大概は必須項目になっているので・・登録ができないかと。

また、その他にも必須の登録項目について、支払い方法があります。

振り込みやコンビニ払いも出来る場合がありますが

それらが難しい場合はネット用のプリペイドカードや

銀行口座番号やクレジットカード番号などを登録しなくてはなりません。

クレジットカードに不安を覚える場合など、バーチャルカードなるものや

オリジナルなプリペイドカードや独自の決済方法など

更に登録が必要になってくる場合もあります。。。

参考例として、ゆうちょの登録は出来ず、(正確には登録は出来たのですが)

ゆうちょを登録した後に「他行の登録をしないと手続きできない」旨のメッセージがいつまでも出て

くるなどのこともあったので、登録できない銀行があるかの確認が重要ということでした。

(説明をシッカリ読めばどこかに書いてあるかと思いますが・・
手続きのできない口座を登録出来ること自体が怖かったです。)

2: 購入手続きそのもの

兎に角、購入は慎重に・・。確認のボタンについてですが、

「購入の確認」として、2回ほどクリック(タップ)する事がほとんどです。

クリック(タップ)だけなので、購入手続きはとても簡単です。

3: 購入のあと

購入後は「納品書」や、「明細書」などの保管をしておいたほうが良いです。

保存しておけば、あとから請求が来た時に照らし合わせたり出来ます。

クレジットの場合、なんの音沙汰もなく、引き落とされることはないので

何らかの通知が必ず来ます。郵送の場合もありますが、web明細になっている事も多く

その場合はメールで案内された画面・取引履歴は印刷したり出来ます。

それらのことが、何もできませんと不安になります。。。

(明細の入っていない会社やお店は時々あるので、ショッピングサイトの購入履歴

による確認はその場合には必須かと思います。)

4: 購入後の雑感

一番良い流れとしては、

通販の注文後、受付完了のメールが届き、
  ↓
発送しましたの通知
  ↓
商品の到着
  ↓
配達完了の通知
  ↓
明細書や納品書の保存
  ↓
請求書の到着(クレジット払いなど)
  ↓
銀行やクレジットの引き落とし
  ↓
いつでも履歴の確認が出来る(←重要!)

購入後も全ての購入履歴・取引明細などの確認が出来ると安心だと思います。

(楽天やamazonでは普通に出来ているので、その点は安心です)

少し長くなりましたが、覚書です。

5: 参考:

通販のサイト全般

https://event.rakuten.co.jp/campaign/tieup/haco-pos/#link02

はこぽす