canonプリンタで真っ黒(反転印刷)。linuxで設定した方法

最初に断っておきますが、今回はlinuxのPCでの困ったことです。

最初のテスト印刷(本体の指示通りの手順で)は、普通に印刷できたのに

文書の印刷をしようとすると、真っ黒に。文字が白抜きという状態で

ページ全体が白黒反転して印刷されました。

因みに、印刷した文書とは「給料明細」だったのですが、

数字のみ白で、後は真っ黒・・。金額と項目は分かるのですが

これではインクが勿体無い・・とか、インクで儲けるため?などと考えつつ

「白黒反転、プリンター、linux、canon」などで検索して解決しました。





画像をスキャンしてつくられた pdf ファイルを印刷するときに、この問題が起こることがあるようです。

とりあえず、「印刷」画面下の「詳細設定」を開き、「画像として印刷する」にチェックを入れると
正常に印刷されました。

  ↑
凄い。こういう方が近くにいると、何でも解決されそうです。

因みに、私のパソコンでは、「印刷」ですぐに出てくる画面
  ↓
「print as image 」に、チェックを入れる
  ↓
で、OKの筈でした。。が、真っ黒のまま。

その後、思いたち

パソコン本体のメニューより、
  ↓
システム管理
  ↓
プリンター設定
  ↓
該当のプリンターのプロパティ
  ↓
プリンターオプション
  ↓
color mode 
  ↓
grayscale を、→ color・default
  ↓
で、印刷すると「テストパターン」が普通に印刷できました。

しかし、これって、白黒の文書印刷でもカラーインクを使うってこと?

でしょうか・・。まあ印刷できないよりかは良いけど。

ブラウザからwebページなどの印刷をする場合は、

プリンターの詳細設定
  ↓
拡張
  ↓
grayscale を、→ color・default
  ↓
で、普通の印刷が出来ました!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

参考:

Ubuntu日本語フォーラム / Adobe Reader 9.2で印刷する際に一部の色が反転する

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=6264