iphoneをもらって、ややこしかったこと

先ず、貰ったアイフォーンは現在は未だ前の持ち主のIDになっており、

iphoneを複数台で同じIDの場合・・になるのですが、

パスワードが分かっていないとのことで、

端末をリセットするだけの問題ではなくなってしまいました。




AppleIDのパスワードリセットするしか方法はないかと思われます

・・が、「リセットしちゃっても良い?」と、聞いて待っているところです。

その端末は子どもが使うことになるので、機能制限(現:スクリーンタイム)

で、勝手に触りにくいような設定にしていますが

(App内課金の解除の方法とか・・以下に方法を覚書メモしています)

同期などは特に注意が必要です。

どういった状況で貰ったのかというと、

親戚の方がiphoneを買い換え、古い方は元々無料みたいなものだったので

私の子供達へあげる・・と、そのまま貰ってしまったのでした。

お店の人にデータ移行してもらい、古い端末はそのままだったため、

初期化などもされておらず、データも粗そのままなことと

(お友達の住所等は消していただいたみたいでしたが)

パスワードは何もかけていない、分からないという状態

この状態・・でした。

本体の初期化をする際にも、最後には必ずパスワードが必要になってきます。

間違いを3回とか10回繰り返せば端末ロックや強制初期化がかかり

複数の端末の同じIDで使っていても、1つのロックがかかった端末のみ

サインアウト状態になるのではないかと思いましたが

それも始めからパスコードをかけていない端末では

最後まで進む事が出来ず、

設定
 ↓
一般
 ↓
リセット
 ↓
全てのコンテンツと設定をリセット
 ↓
機能制限パスコードを入力
 ↓
0000(デフォルトかと思われるので、入力してみた)
 ↓
すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします。
 ↓
iphoneを消去(赤い文字)をタップ
 ↓
本当に続けますか?すべてのメディア、データ、および設定を消去します。
この操作は取り消せません。
 ↓
iphoneを消去(赤い文字)をタップ
 ↓
Apple IDパスワード の入力画面になってしまいます。
 ↓
適当な文字列を入力し「消去」をタップを3回繰り返す
 ↓
パスワードをお忘れですか?
AppleIDのパスワードを忘れた場合は、Iphoneのパスコードを使ってリセットできます。
 ↓
パスワードをリセット(←今ここ!)
 ↓
・・というわけで、パスワードのリセットしてでも、パスワードの入力は必須です。

・・ということが、やってみて分かりました。

長くなってしまったので、この続きはまた別の記事でupしたいと思います。

ついでに参考:App内課金の解除の方法
 ↓
設定アイコン(ネジの様な絵のもの) 
 ↓
スクリーンタイム(新しいバージョンの場合。なければ古いバージョンの方法です)
 ↓
コンテンツとプライバシーの制限
 ↓
iTunesおよびApp Storeでの購入
 ↓
App内課金
 ↓
許可しない
 ↓
これで、自動的な課金はされなくなります。

(同じ画面で、アプリのインストール、削除の制限もできます。)

お疲れ様でした。ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら関連記事もございますので、

気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

参考サイト:

iPhoneを初期化する方法 ~ 譲渡するときや売却するときに必須!データを完全に削除してリセットする方法