Linux MintでdraftSightをインストールできました

大事なことなので、繰り返しますが

「draftSight、インストールできました」

やっとのことで出来たのですが、今まで出来なかった原因は

すごく基本的なことでした。・・おそらく。

あんまり引っ張っても何だかな〜な内容なので、結論から先に。

今回の場合、ただ「cdすればよかった」のでした。

debファイルの為になんだか色々インストールしましたが

ざっと見た感じは殆ど関係ありませんでした。

(数年前などの古い情報からだったので、「使えるのかな〜」と思いながらも。

ubuntuソフトウェアセンターとか。。(今はもうない)

まさに藁をも掴む思いだったのです・・)



私と同じく、初心者の方やあまり詳しくない方のため

「cdする」の詳細について。

コマンド(端末、ターミナルという黒い画面の事です)で、

インストールするフォルダの指定をするということです。。

私の場合、ダウンロードというフォルダに入っていたので

〇〇〇〇 # cd ダウンロード

としました。そこで、

〇〇〇〇 # sudo apt install ./draftSight.deb

と入力するだけで

インストールは出来ました。(DLすると粗同じ状態であると仮定しています。

あまり上手く説明できないため、今回の記事は原因の一つを取り上げたと受け取って下さい)

インストールは少し時間かかりましたが・・

あと、最後にエラーメッセージみたいな感じで終わっているんですが。

draftSight.deb’ がユーザ ‘_apt’ からアクセスできません。 – pkgAcquire::Run (13: 許可がありません)

何故か、インストール出来ており、起動までいきました。

何度も失敗した時に「見つかりません」っていうエラーメッセージがあったので

その時に気付くべきでした・・が、嬉しい。

取り敢えずは、日本地図→世界地図を作図したいです。

(もとい、トレースです。)

ここまで読んで頂きありがとうございました。

良かったら他の記事(関連したものもあります)も見てやって下さい。

それかまた、気が向いたら覗いてやってくださいませ。

よろしくお願い致します。

追記:
gdebi、Synaptic パッケージマネージャー・・などで試行錯誤した記事

(散文のような)を大量に下書きにしています。

まとめて見易くできればupします。