ツイッターの乗っ取りスパムが気になったとき

過去の記事ですが、覚書で置いておきます。

スマートフォン用の表示だと、ツイッターの設定画面に入っても、

自分のプロフィール用アイコンや背景画像(壁紙)などのデザインの変更が出来なかったので、次のURLでのパソコンサイトにアクセスできるという方法でした。

http://mobile.twitter.com/settings/change_ui


スマホでのブラウザは、Opera・Safariで確認しましたが、両方とも使えます(当時)。

上記の件、いきさつは長くなるので、端折りますが、本題はここから先になります。

今回、調べている時に偶々目に入った話題ですが、

Twitterの「乗っ取りスパム」の話を彼方此方で見たので、

気を付けるように(既に知っていたとしても、更なる注意を・・)

特に怖いと感じたのは、

「対策アプリを作りました」とかいうもの。

「アプリ承認すると(スパム広告の)自動削除が開始します」という謳い文句で 普通にスパムRTなどするだけだとか。

しかし、これはれっきとした詐欺と言えます。

身に覚えのない連携アプリ等は、解除をした方が良いので、確認方法を覚書します。

(私の場合、連携してたっけ?というところから。きっと、イチイチ覚えていない人が多い筈・・。)

・ブログ・SNSなどの設定画面で連携アプリ一覧をチェックする。

・上の「設定画面」が分からない場合・出かけ先などでパスワードが分からない時の確認方法。

例: PCやモバイル・タブレット等で、(例)Facebook等SNSの

友人・知人の日記ページ(ポスト・タイムライン)などの下に

「いいね!」「シェア」「リツイート」などのリンク先が表示されていて、

タップ(又はクリック)しただけで、そのままRT出来たり

ツイッターのチェックをしてるなど、オートログイン(連携)になっているので、それでログイン状態が確認できるということになります。

このオートログインが気持ち悪く感じてしまうので、ブラウザではログアウトしてアプリで利用しています。同じ様にオートログインが怖いなどと感じた方は、パスワードが分かり次第、なるべく早いうちに設定管理画面に入りログアウトしましょう。

・ios・androidの端末の設定画面からも確認(インスタグラムは連携が多かったのですが、「投稿をシェアする」に、Pinterestがなくなったり 以前と違っています。

他にFacebook, Google+, YouTubeや、~for twitterなどのクライアントアプリ)

参考にしたサイト:http://applogy.jp/2012/01/03/twitter-mobile-pc/#1

他にも多数の情報ページも参考にしましたが、‪リンク可能かどうかなど確認出来ずに紹介出来ませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする