Gmailの転送の使い方・解除法

メールの管理が面倒だったので、1つのGamilアドレスへ

他のGmailメールアドレスへのメールを転送していたのですが

今回は、その設定と解除法です。。。

注: 転送の設定ができるのはパソコンのみです。Gmail アプリでは設定できません。

  目次
 1: 転送の設定
 2: 転送の解除
 3: 他のアカウントでメールを確認:
 4: 使ってみて結論
 5: 参考: 



 

1: 転送の設定

設定
 ↓
メール転送と POP/IMAP
 ↓
転送
 ↓
転送先アドレスを追加

又は、

フィルタを作成し、特定のメールだけを転送することもできます。

個人的には、フィルタを作成して転送・・があとの管理も結果的に楽かと思いました。

 

2: 転送の解除

上記の「転送の設定」の途中まで同じです。

設定
 ↓
メール転送と POP/IMAP
 ↓
転送
 ↓
転送先アドレスを削除

になります。

これで、もう届かなくなります。

3: 他のアカウントでメールを確認:

転送ではなく、こんな方法もありました。

アカウントとインポート
 ↓
他のアカウントでメールを確認:
 ↓
メール アカウントを追加する
 ↓
メールとパスワードなど入力

・・で、googleの別アカウントのメールが

タグ付け、フィルタなどがされた状態で追加できます。

こういうこと↓

〇〇〇〇@gmail.com 宛てのメールを Gmail の受信トレイに読み込むか、Gmailify を使用してアカウントをリンクすることができます。Gmailify を使用すると、両方のメールアドレスを維持したまま、Gmail の受信トレイで両方のメールを管理できるようになります。Gmailify の詳細

転送を解除してもいつまでもメールが届くので「おかしいな」と思って

見付けたもの(以前、自分で設定したはずですが・・忘れている・・)

 

4: 使ってみて結論

転送されてきたメールはタグ付けが反映されないので

全部同じ「〜〜@〜〜」という、メールアドレスのフォルダに

全て一緒くたに入ることになります。

これが、思いのほか 見辛く、他のメールを確認するのにかなり邪魔でした。

なので、快適に使うには同じタグ付けが必要になってきます。

今時は、メールクライアントなどの設定で

アカウントがいくつでも追加の出来るものが多くなってきているので

普通にアカウント毎にメール設定する方が

転送の設定するよりか楽です。。

私の勝手な要望としては

タグ付け(フィルタリング)も結構な手間がかかるので、

iphone(icloud)の様に「エイリアス」メールが3つくらいでも

使えると有り難いです。。。

  

5: 参考:

メール転送解除のために 複数のアカウントでログインをしていたら

「ブランド アカウント」というものを発見したので、

次回はブランド アカウントの詳細についてです。

また良かったら、覗いてやってくださいませ。

ここまで読んで頂きありがとうございました。