ラズベリーパイの電源を入れるには・・

暑中お見舞い申し上げます。世の中、夏休みシーズン真っ最中ですが。

数か月前に子どもにと思い、「raspberry pi 3」というものを購入したのですが、

ほったらかしていて電源の入れ方が後から分からなくて困ったので・・覚書メモします。

ON・OFFのスイッチなどはなく、充電用コードを挿せば勝手に起動するが正解でした。

(勿論、本体の準備・必要あればディスプレイにHDMIコードで接続してあるなどの状態が前提です。

うちの場合はタッチディスプレイだったため、そのHDMIコードは必要なかったのでしたが。

配線の状況は画像を載せたいなと思っておりますが・・。あとで追加するかも。)

因みに、電源を落とすには電源コードを引っこ抜く、です。(かなり検索しまくりました)

以上、基本的動作過ぎて 検索してもなかなか答えが見つからないものだと感じました。

(説明書の様なものはありませんでした。英語ばかりで、見ても分かる気がしませんでした。)

よく見ると、3から新しく出来たのかと思われる、シャットダウンのボタンもありました。

Pi3を買った時の事ですが、組み立ても全くの初めてでパソコンに詳しい訳ではなく

どれから始めるかと随分と迷っていたのですが、

取り敢えずは基本の一番無難そうなもので揃える事にしました。なので、同時に

上記の スターターキット・touch display・マニュアル本(応用編かも知れないけど・・見ても全然分からない)・

・パーツの色々詰め合わせセット(よく分からないけど、おススメの品なので同時に購入。
我が家では日常的に細かい物を紛失しているためキットの中の部品がなくなる可能性が非常に高い、
おそらくキットの中の基盤に付けるような細かいコードの類はパーツセットに代用できるものが入っているだろう、
足りなくなって困るよりあった方が良いと思った。パソコンを組み立てるという事が未経験でよくわからないので、
余計に何だかたくさんあった方が安心だと思った。)

そして、適当に暇そうな日に子どもに渡すと、いつも新しいブロックや玩具を渡すとそうなるように、

喰いついて箱を開け(丁寧に開けろと言ったので、ビリビリには破かず済んだ。)

組み立て始めた。途中で聞かれたが、コードの挿し方とか結局は子供の方が直ぐにコツを掴んだ。

あとはもう「分からない、ネットで調べてみて」と答えると、動画サイトを見始めた。

基盤を見ること自体が全くの初めてだった筈だったが、動画を見ながらどうにかやり終わる。

細かい事は忘れたけど、wifi装備済ですごく簡単にネットへ繋がる。(やり方は忘れたけど、

Wifiのプログラムコードを入力とかではなく、SSIDコードを入力しただけ・・だったかも)

3なのですが、2に比べて色々と改良された様子。簡単で初心者向けに最適だったみたいです。

キーボード操作に違和感を覚える。そのままでは日本語で入力出来ないので、検索して

その通りのコードを入力。(設定は粗全てが確か、数行程度のコピペでやりやした・・)

あんまり参考にならないかもですが、今回の伝えたい事は電源の入れ方・消し方についてです。

質問しても「検索してください」って答えられそうで、分からない事は辛いと思いました。

なので、このサイトでは、そんな事(分からない目線)の参考になれたら良いなと思っています。

このシリーズ、またいつか・・続きます。