マウスポインタの動きがおかしい

マウスポインタの動作がおかしい場合の覚書。

内部のローラー・ボール・光学式・レーザー部分などに
埃が付いていた事が原因としては多いみたいで、うちも
綿棒に無水エタノールをつけて掃除をしたら直ったけど、
そうとは気付かず、調べてしまった(以下)・・。

マウスポインタの動きが突然おかしくなり、調べていると 

「暴走」という言葉が彼方此方で見られた。

うちにも当て嵌まったので以下に症状を記録しておきますが、

・ブラウザやウィンドウを動かそうとすると 枠がブルブルしたり、
最大化するなど、マウス操作とまるで違う思わぬ形になる。

・カーソルを選んだ場所に合わせられない(動き回っている)

・マウスポインタマウスポインタが点滅しながらものすごいスピードで走り回る

・・という状態で

再起動してみたり、ワイヤレス→有線の違うマウスをつかってみたりしたけど殆ど変らず。

これらの症状、チャタリングなどというらしいです(ちょっと違うのもあり)。

チャタリング (英: chattering) とは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のことである。原義は、そのような振動により音を立てる(英: chatter)という意味から。特に、弱電を扱うスイッチやリレーが接続状態になる時に

チャタリング – Wikipedia

その他の要因としては、静電気なんかも原因になったりするらしい。
冬は結露の心配もあるそうで注意です。
(暑さ・60度とかまでだったら、夏の温度上昇による心配はあまりない)

でも、一番怖かったのはウィルスではないかっていう不安。挙動不審・制御不能で
PCを乗っ取られた?とか、すぐに思ってしまった。

(直ぐにスキャンを何度かしましたが、怪しいものはナシでした。
でも、またチョコチョコと調べてしまう)

パソコン側で何らかの不具合を自動的に探してくれる時に
マウスのココ!(その他なんでも、デバイスの不具合)まで 分かると良いのに・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする