健康保険料の計算・減額などについて

健康保険料のことについて覚書します。

(自分自身の経験・知識の範囲での覚書メモですが・・)

働く際、仕事を止める際などの参考になれば。



1: 健康保険料の計算

4~6月のお給料額は、健康保険料の金額の基準になるそうです。

1年間を左右しますので減額、この時期の収入は調整できるものなら、
ちょっと考える・・。

バイトで責任ないのだったら休んでも良いんではないかとか。

(休めばその代り、有給休暇がなくなる可能性がありますけど・・)

そうです。

丁度、今の時期。

GWがあって、ついでだから休んで旅行なんていう事もあったりする

むしろその方が良いということですね。

通常7月1日現在の被保険者について、4月・5月・6月に受けた報酬の平均額を標準報酬月額等級区分にあてはめて、その年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額を決定します。

2: 健康保険料の減額

保険証の種類が違う話ですが・・ついでなので、参考に。

国民健康保険の場合、弦楽の申請をすれば収入に応じて

減額が受けられる場合があります。

手続きは「収入の証明」が必要。

失業中の場合、失業手当の受給証などでも可能だったりします。

半額以下になる市区もあれば、3割程度しかお安くならない場合もあります。

住んでいる市区でかなり変わってきますが

都会の方が安くなる割合がかなり大きいです。

5: 参考:

健康への不安がある場合、会社を退職する前に健康診断を受けておかれたほうが良いです。

社会保険では1年に1度ですが、国保では2年に1回となっており、

タイミングが悪いと2年以上も検診を受けられなくなってしまいます・・。

(経験済。)

会社が経費節約のために健康診断前に退職を勧めてくる場合もあります。

ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。