T-FALのポットからやかんへ

今後、やかんでお湯を沸かしていこうと考えたいきさつの覚書です。

「そんなことはどーでも良い」って方が多いかもですが、

そういう方はスルーしてやって下さい。。。

T-FALポット、お湯が速く湧いて重宝していたのですが・・

突然、いつものようにスイッチが入らなくなってしまいました・・

スイッチの部分、ランプも点いていません。

調べてみると、スイッチのプラスチック部品が劣化して

そのようにスイッチが入らないという事象になる場合が多い様子。

もしも自分で修理できるものなら・・と、原因究明のため

DIYで修理しているHPなども色々と見たのですが

電気・技術計に詳しい人でないと無理そうなので、断念。

修理に出すと大体、ざっくり4000円ちかくかかることが分かり

結構長く使っていた古い型の場合は部品の取り寄せとかも出来ないかもなので

お店に持ち込みは古いものだとちょっと恥ずかしいし

修理の依頼で修理センターなどに送る場合は送料はかかるし、

そこまでして使っても、古いのでまた違う箇所が故障しそうな感じもしますし、

うちのポットはかなり難しいと判明。

しかも、ざっくり4000円以上かかるとなると、新しいの買ってもそんなに変わらないかも。



仕方なく、購入用に見比べていたのですが

そうこうしている間に、やかんで湯を沸かす事にも慣れてきて

「もう、これでいいか〜」と、なってきました。

しかも、電気代がなんとなく下がってきており

ガス代はそんなに変わらないみたいです。

なので、しばらくはこのまま、やかんでお湯をわかすことで

様子を見ることにしました。。。

家電の記事、少ないですがたまに投稿しています。

また気が向いたら覗いてやってくださいませ。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

良かったら、またよろしくお願い致します。