手荒れ・ヒビ・アカギレに手袋

手荒れが酷く、指先が裂けてしまったりで困った時に聞いたけど
ハンドクリームは、尿素20%以上配合を使うと治りが早いそう。
皮膚科でも荒れた部分の為に尿素入りを出された事がある。

オイルはシアバター・ヘンプオイル・シアオイルなどは肌の張りまでも出てきた様だった。

冬場はほぼ毎年、手荒れが酷くアカギレ・ひび割れで辛いので、その他にも良い方法を模索中です。
今年からは、ゴム手袋やビニール手袋をやたら使っています。
今回、ゴム手袋とビニール手袋の違い・使用感のメモです。
ざっくり簡単な長所短所を言わせていただきますと‥

ゴム‥瓶の蓋が開けやすい。ビニール袋が開けやすい(笑)。反面、滑らなくて引っかかるので、
洋服の着替えには袖を通し難く邪魔で仕方ない。チリやホコリが引っ付きやすく取れにくい。
伸びるので、急いでいる時にサッとはめやすい。でも、引っかかるとイラっとする。
ビニール‥着替えの時には、引っかからず伸びないこちらがオススメ。反面、伸びないので、
サイズが合わないと入らないので使えない。迷ったら大きな方にしたらいいかもしれない。
伸びないので通気性がないし蒸れる。
ポリエチレン‥殆どの製品がエンボス加工してあるので、直接手に触れにくい、
空気が入るので自分の手の水分で蒸れにくい、比較的サラっとしている。

以上、結論の纏めでした。
どちらが良いのか?と、店頭で迷いに迷って両方を購入しました。先ず、ゴム手袋を先に使いましたが兎に角、やたら引っかかるのがストレスでした。

ビニールやエンボス加工のポリエチレンの方が薬局などで売り切れているので、人気があるみたいです。