安全なマグロ

今更ですが、魚とか産地に気をつけて食べないと・・って調べていたのですが
もう何を食べたら危ないかよりも、
どれを食べれば良いのか・・という
それだけが知りたいです。
売っているスーパーの表示が一体どこまで信じられるのか。。

取り敢えず、内臓と骨を避けて食べた方が良い様です。
放射性物質が溜まるところとの事。

口にする機会のあるものの原産地・用途などざっくり ↓

メバチマグロ・・インドネシア・オーストラリア・中トロ
キハダマグロ・・薄い・あっさり・関西・ツナ
ビンチョウマグロ(ビントロ)・・ツナ缶

↑ 自分が普段、食するものだけですが・・↑

水銀は通常の自然の中から微量含まれるのが当たり前のようです。
海底などのガス噴出、ゴミの焼却・セメント・工場排水など。

多くの魚介類にメチル水銀が含まれている、
食物連鎖の上位にいく(大きい)ほど蓄積量が増える
・・では、小さい魚の方が良いのですね。

日本のツナ缶、タイ産のツナ缶などに使われるマグロは、
オーストラリア・フィリピン沖などで獲れたものが多いようです。

昨今の放射能の話題が怖くなってきて
日本近海で漁れた物(特に、関東以北・以東地方)
は、避けたいと思ってしまっています。

以前、回転寿司やスーパーの総菜などで使われるネギトロなんかだと
奇形やの魚が使われているとかって・・何処かで見聞きしましたが
そういう魚が多いという事も放射能の影響としか・・。

魚は塩ゆですると、放射性セシウムが70%除去可能。

野菜などは重曹で洗うと良いとか。重曹といえば、

癌の治療で抗がん剤など使わず、重曹を飲用するとか。

放射能の除去が出来る?万能薬の様です。