ヘブライ語/ヘブル語

ヘブライ語(ヘブル語)

ヘブライ. 古代イスラエルの別称;

ヘブライ語 · ヘブライ文字;

ヘブライ人=ユダヤ人の別称

ヘブライは「越えてきた」という意味であり、ユーフラテス川を超えてきた移民という意味である

「ユダヤ人」よりヘブライ人と称するほうが好まれる。

「ユダヤ教を信仰する人」と捉えられることがほとんどなので注意が必要。また、イスラエル国内においてユダヤ教を信仰していない者は、Israeli(イスラエル人)である。

ヘブライ語が起源だと思われる言葉・・

君が代
民謡の囃子言葉「えんやらやー」「ヤーレンソーラン」とか、
大相撲の行司の掛け声「ハッケヨイ、のこった、のこった」、
お祭りの掛け声「わっしょい、わっしょい」、
駕籠かきの「わっせ、わっせ」、
力を入れる時の「どっこいしょ」

実は「日本」という言葉もヘブライ語で、「聖書に従う国」という意味。

同じように「瑞穂の国」の瑞穂とは、ヘブライ語で、「東へ向かったユダヤ人」という意味。

近年になりソーラン節の囃し言葉がヘブライ語の単語に似ていることからヘブライ語との関連性が指摘され、

ソーラン節が古代イスラエルの行進賛歌であったという説が提唱されるようになった。

ただし、これらの説はあくまでこじつけに過ぎないという見解が多く、

多くの研究者は古代イスラエルとの関連性を否定している。

参考:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%AF%80

他にも参考になるサイトがいっぱいありましたが、宗教色が強いので リンクは控えます・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする